Beautyインタビューは東京なちゅらるグルメがオーガニックレストラン、カフェや無添加のお取り寄せグルメから健康・美容まで掲載|東京(六本木、恵比寿)

  • TOP
  • オーガニック・なちゅらるレストラン
  • 無添加お取り寄せグルメ
  • Beauty インタビュー・コラム
  • 新着情報
  • 掲載店舗募集・お問い合わせ
  • Facebook
  • Twitter

Beauty インタビュー

TOP > Beauty インタビュー

いまキラキラと輝いている女性は、普段どんな努力をしているのでしょうか?
ここでは、東京なちゅらるグルメのスタッフが、輝く女性たちにリレー方式でインタビュー!
その回答から得られた美と健康の秘訣をご紹介します。

2015.05.27

第28回輝く健康美人リレー                 【ヨガインストラクター 村田寿美礼さん】

第28回輝く健康美人リレーでは、ヨガインストラクター村田寿美礼さんに美と健康の秘訣をお伺いしました。

-3児の母であり、ヨガインストラクターとしても東京・千葉で活躍中の村田さん。ぜひ、美と健康の秘訣を教えてください。

毎日のヨガで心とカラダをスッキリさせることです。
何事も、楽しむ。家族との時間、子育ても、仕事も PTA活動に地域活動、子供会の役員に子供の部活動のサポートまでも 自分に与えられたことは、率先して参加し、やるなら最後までみんなが楽しめるように、イベントプロデューサーの経験も活かしながらイベント企画、新企画も入れつつ自分が一番楽しんでいます。
そして、ワクワクを見つけることです。初めての事ににチャレンジしたり 自然に触れたり、最近は、空の写真をよく撮ってワクワクしています。
そして、ワクワクを続けることが大切。 私にとっての一番のワクワクは、日々のヨガインストラクターとしてのレッスンです。赤ちゃんからシニア80代までの生徒さんと触れ合う時間を毎週必ず作っています。 生きる=ヨガ ワクワク=喜び に繋がります。 ヨガを続けることが、 レッスンを続けることが学びであり、自分の心と体を見つめる時間がもてるので 体調管理にも繋がっています。
最後に好きにたくさん囲まれて生きることですね。
好きな人(旦那•子供たち•仲間•友達)好きな仕事(ヨガ•イベント) 好きな家に住めること・食べたい時に好きな物を食べる。 食事は特にこれをしっかりと食べるという決まりはなく、すべて体がそのときに欲するものですね。 飲食店に入っても直感ですね〜(笑)
―食事も、直感なのですね。その感が冴えていそうですが。
この世に毒なものは、売っている訳では、ないのだから 私にとって生きるための「食」は、すべてバランスだと思っています。 食べたものからしっかりと体が栄養を摂り、そして代謝する機能を体がしっかりと持っていれば便秘知らずな体にいられるはずです。
子供の頃から運動が好きな私は、一度も便秘をしたことがありません。 しっかりと排出する作用があれば、無駄なものは、体に溜まらず、 風邪もひきにくくなります。 いくら食べても太らない体作りは、運動量の少なくなった大人になった今でも ヨガのおかげで便秘知らずです。
―女性で便秘をしたことがないというのは、珍しいですよね。女性の48%が便秘に悩んでいるといいますからね。
 
―睡眠は何か工夫されていますか?
寝たい時に寝るですね。仕事の移動の合間、車で横になったり、 自宅でも子供たちがいるときにでも 「ママは、疲れたから寝るね。」と普通に寝ています。 この状況は、日常で当たり前なので家族は、不思議に思いません。 体に心に正直に生きることが子供たちにも家族にもストレスフリーで笑顔でいれる秘訣です。 外では、毎日仕事に学校にと頑張っているのだから、自宅では体と心を休める場所だと、自らそうすることで子供たちもゆっくり休んでもらっています。長女もバイオリンを部活で頑張っていますが、 休日は10時間も寝るほど「寝る」ことが好きなので子供たちは、風邪をひきません。

―とても素敵なお話をありがとうございます。最後に大切にしていることを教えてください。
今あることに感謝する。「今」自分の周りには、何がありますか? 家族、旦那、子供、まずは、存在に感謝し、ここにいられることに感謝しています。 妻であること、母であること、3人の子供たちを授かり恵まれていること。 立派な素敵な家があること、 好きなお仕事をさせてもらっていること。 すべてにおいて感謝していくと、ありがたいことに引き寄せられてやりたかったお仕事にも結びついていくので、また 「ありがとう」という言葉がたくさんな日常に。 はい、幸せですね〜
家族の笑顔にココロ シンプルに笑顔になれることしかやらない毎日であり、ヨガ的日々を送っていることで、カラダもココロも若々しくいられます!選択肢があるとき、何かを決めなくてはいけないとき、 自分に毎回問いかけて「今の私には、これが必要?」を日々繰り返しています。心とからだが 思う!やりたい!したい!ワクワクすることを自分で選んでいます。
ヨガを続けていることで 38歳の私は、 体内年齢は、19歳です。 タニタのスケールにて年齢、体重、性別を入れると体内年齢が出るスケールで計測しました。


*************************************

【村田寿美礼さん】  森zouWORKSHOP代表
http://sumireyoga.jimdo.com/

next

ページトップへ戻る